ぼくと地底の恐竜たち

〜真の勇気を求めて〜

「世界でいちばん大きな恐竜を知っているか」
「アルゼンチノサウルスでしょ」
 ぼくは即座に答えた。そんなの3年生のときから知っている。
 地球上にあらわれたもっとも大きな生物は竜脚類恐竜で、その中でも最大の恐竜だ。
「ただし今のところ、全身の骨格標本は見つかってなくて、四肢と脊椎の一部しか発見されてない。一部の骨の大きさは巨大で、似た恐竜と比べるとその体長は40メートル前後、体重は90トンと推測されてる」
 ぼくは一気にしゃべった。

「グレート・インパクト。大昔、地球に隕石が衝突したのを知ってるか」
「隕石が砂ぼこりをまき上げて、長いあいだ、太陽の光をさえぎったんだろ」
 約6550万年前、直径10キロほどのいん石が、メキシコのユカタン半島近くに衝突した。巻き上げられた大量のチリは太陽光をさえぎり、地球には冬が訪れた。
 その冬は十年ほど続き、その間に植物は枯れ、まず草食恐竜が死に絶え、それを食べていた肉食恐竜も絶滅していった。
「多くのなかまや、動物、植物が死んでいった。地上のティラノサウルスは大昔に死に絶えたけど、オイラたちの祖先は地底に逃げこんで助かったんだ。こことは場所は違うけど、いいところだったから、祖先たちは地底に住みつづけた。それで次の何代目かの世代の祖先が旅に出て、この洞窟に行きあたったってわけ」
「それでチチたちは、ここに住みはじめたの」
 チチは大きくうなずいた。
「ここにはそのとき逃げこんだ、いろんな種類の恐竜がいるんだ」
「父さんが喜ぶよ。父さんは古生物学者で、大昔の恐竜の化石をさがして、生態を調べてるから」
「ここは大きな地下変動も起こらないし、地上の変化にも影響を受けないからね」
「地上じゃ、いろんなことがあったよ。二十万年前には人間の祖先があらわれて、地上のどんな動物よりも知恵をつけた。何度か氷河期が来て地球は雪と氷に覆われたけど、生物は生き残っている。マンモスっていう、毛で覆われたでかい象もあらわれ消えていった」
 これは父さんから何度も聞かされた話だ。

 森を抜けると小さな草地に出た。中央に数頭の恐竜が集まっている。
 チチはその中に入って、中央にいる恐竜に頭を下げた。プロトケラトプスだ。
「ケラ長老だ。ここで、いちばんの年寄りで、賢い恐竜だ」
 プロトケラトプスは大きい恐竜ではないが、図鑑には2メートルほどとあった。でも、目の前の恐竜はぼくの腰ほどの高さだ。鳥の口ばしのような口で、ちょっとまぬけな顔をしている。
 ぼくを見ておどろいている様子だった。

 ぼくはチチに連れられて、トウモロコシ畑に行った。
 ブブが村を案内するようにいったのだ。
 畑では10頭以上のブラキオサウルスやティラノサウルス、アンキロサウルスが働いている。でも、恐竜たちはぼくが本やテレビで見たような、何十メートルもあるような巨大な生きものではない。人間の大人より小さい。
 恐竜たちが、トウモロコシの茎を口で器用にかみ切って集めている。
 バナナやリンゴの木もある。その向こうにはキャベツやジャガイモの畑もあった。
「どうしたの。みんなを見ておどろいてるの」
「当然だろ。みんな小さいんだもの。でもトウモロコシやキャベツはぼくの世界と同じ大きさだ」
「大きさなんか関係ないよ。大きな体だと葉っぱもたくさん食べなきゃならないし、寝る場所だってたくさんいるだろ。だから、オイラたちは長い長い年月をかけて小さくなったって先生がいってた」
「おどろきだな。地下500メートルのトンネルの先が別の世界に続いているなんて。そこには恐竜がいて、みんなで働いて、家族までいるんだ」
 ぼくはチチにいった。
「別の世界ではないぞ。同じ地球じゃ。地面の上と下の違いはあるがな。しかし、おまえたち若者がいっしょうけんめいに働く姿を見るのはよいものじゃな」
 声のほうを見ると、見るからに歳をとったブラキオサウルスがぼくを見ている。
「オイラのお爺ちゃん、ジジだ」
「ここは地球だったね。何だか信じられなくて。恐竜はぼくの何倍もある大きなものだと信じていたし」
「進化という言葉を知っておるかね」
 ぼくはうなずいた。
「地上ではダーウィンという学者が『種の起源』という本に書いたそうじゃな。わしらの先祖は彼よりもずっとずっと前に、そんなことは知っておった」
 ジジは少しの間、考えこんでいた。
「その進化によって、わしら恐竜は小さくなった。いや、小さくならざるを得なかったのじゃろう」
 ジジはゆっくりと、ときには力をこめて、ぼくのために話してくれた。
「かつていん石衝突という大きな変化があった。わしらは地下に逃れ、小さくなる道を選んだのじゃ。植物は食べると、数が減ってしまう。大きいとたくさん食べなきゃならないだろ。仲間たちが生き残るにはこの道しかなかった」
「ほかの道を選んだ恐竜はいないの?」
「わずかじゃが残っておる。食料が少なくなったとき、生き残るためにはどうすればよいかわかるかな」
「それぞれ食べる量を少なくするか、食べる者の数を少なくすればいい」
「そうじゃ。小さくなって食べる量を少なくしたグループと、数を減らして生き残ったグループに分かれたんじゃ」
 ジジはぼくを見つめている。
「数を減らして、大きいままで生き残ったグループもあるってことですか」
「その通りじゃ」
 ジジは大きくうなずいた。ぼくとチチを見ると静かに話し始めた。

「あなた、地上から逃げてきたの。最近は地震が多いんでしょ」
「トンネルを探検していたら、洞窟に迷いこんでここに来ました」
「ここに来て正解だと思うよ。地上にいると死んでしまうぜ。少しずつ暑くなって」
 寄ってきたアンキロサウルスがぼくを見上げていう。彼は地球温暖化のことをいっているのだ。
 ニウス先生はさらに続けた。
「大気は汚され、海には毒が流れてるんでしょ。葉っぱには薬品がかけられて、食べれば病気になる。大地はかたい岩で固められ、山はくずされていると聞いてるわよ。空気が汚れているので、地上に出るだけで死んでしまうって、ずっといわれてきたの」
 ぼくは否定できなかった。いつかそうなる可能性は高い。
「でも、あまり多くの人間がここに来ると困るね」
 背後で声がした。
 ふりむくと、ケントロサウルスが立っている。背すじに沿って大きなトゲがあってこわそうだが、草食恐竜だ。
「校長先生、いらしてたんですか」
 ニウス先生がぼくに校長のケントを紹介した。
「みんな、仲良くするんだぞ。生き物の形や大きさで判断してはいけない。いくらおかしな容姿でもな」
 ケント校長がぼくを勇気づけるように背中をたたいていう。
 まわりの生徒たちが低いうなり声のような声をだしている。
「みんな、ジュンのことを笑ってるんだ。おかしな形だって。でも気にしないで。歓迎してるんだから」
 チチがぼくにささやく。
「この地球には、我々が知らない世界がまだまだたくさんある。ジュンがやってきた世界は、地上の世界だ。そこには我々のような恐竜はいない。彼らは我々は大昔に滅びたと信じている」
「先生は地上の世界を見たんですか」
「残念ながら、見てはいない。私はじいさんから聞いたが、じいさんも見てはいない。何代も前のじいさんやばあさんからのいい伝えだ」
「そんなに昔というと……」
「何百年も何千年も前の話だ。我々は世界中の恐竜たちと連絡を取りあっている」
「どうやって取りあうの」
「テレパシーだ。生まれながらテレパシーの強いものが、さらに訓練を積むと海の向こうの仲間とも話すことができる」
「アメリカやヨーロッパの恐竜とも?」
「そのとおり。ネス湖の仲間も、よくばあさまと話をしていたよ。だからばあさまは外国通だった。もう五十年も前の話だ。そのばあさまも去年亡くなった。ヒマラヤの友人とはもう何十年も前から連絡がとれん」
 ケント校長はしみじみとした口調で話した。
(イラスト・春木ゆう)

「地球は生まれてから46億年ほどたっている。長い年月をへて、38億年ほど前に最初の生命が誕生して、五億年ほど前にまず魚類が出現した。さらに1億年ほどして、一部の魚類は両生類として陸に上がった。3億年ほど前にはわしら恐竜が出現して、あのいん石衝突まで全盛期を誇ったんじゃ。きみたち人類の誕生は二十万年ほど前じゃ」
 地球誕生の授業だ。ぼくがこの地底の世界はどうなっているのか知りたくて聞いたら、他の大人の恐竜や子どもたちも集めて話し始めた。
「地球に巨大いん石が衝突して、そのときにまきあげたほこりが地球をおおい、太陽の光をさえぎって氷河期になったんでしょ。植物は枯れて、栄えていた地球上の生物の多
くはほろんでしまった」
 ぼくはいった。車の中で父さんが話してくれたことだ。
「あたっておるが、ちがう部分もある。地球上の植物は多くが枯れ果てた。じゃが一部の植物や動物は生き残ったし、私たちの先祖も地下に逃れ、今まで生きておる」
「でも、大きさがずいぶん変わった」
「食べものも極端に少なくなり、住める場所も少なくなった。だから、前に話したように何千万年もかけて、自分たちの体を進化させたんじゃ。食料が少なくても生きていけるように、体を小さくした」
 チチたちの長い長い進化の歴史だ。ぼくは気が遠くなりそうだった。
「きみたち人間の先祖があらわれるよりずっとずっと前からわしらはこの地球に存在しておった。だから、人間よりはるかに歴史もあり、賢いんじゃ」
 ケラ長老は誇らしげにいう。
「でも人間は地上で車を走らせ、飛行機で空も飛べます。宇宙でも人が住める宇宙ステーションもつくりました。何千メートルもの海の底にも行ける潜水艇もつくっています」
「文明にもいろいろある。わしらはここで静かに、平和に暮らすことを選んだ。身の丈にあわせてな。ところがずっとあとになってあらわれた人間は、過酷な地上で自分たちより大きく強い生物と戦うために道具を発明し、それを使って生きのびた。ときには、お互いに殺しあいながらな。わしらはめったやたらに殺しあいはせん」
 ケラ長老はぼくを見つめて強くいった。

「ほんもののつよさは体の大きさや力のつよさなんかじゃない。
正しいと信じたことをやりとげようとする勇気だ。
きみたちはそれをやりとげた」